NEWS 

11/12(日)「東三河キタン会」総会・講演会・懇親会




総勢27名で豊橋市の「ボレロ吾妻家」にて開催された。今枝宗一郎衆議院議員(医・H20卒)も多忙な中参加頂き、財務大臣政務官に就任されたことが報告された。総会では、事業報告、会計報告と、役員改選では朝倉清陽(S52卒)を新会長に選出した。講演会は、福澤直樹教授(S60卒)を講師に「ドイツ社会国家と社会的市場経済」をテーマにお話頂いた。懇親会では和やかな歓談の中、全員の近況報告も行われた。今回は、現役生4名の他、初参加の会員もあり、大盛況のうちに閉会となりました。

11/11(土)「東京キタン会」秋の東京湾クルーズ




今年の秋の旅行は、11月11日(土)11:30浜松町の竹芝桟橋に38名が集結し、レストランシップ・ヴァンテン号に乗船して東京湾を2時間のランチクルーズを実施しました。船窓から高層ビルや羽田空港、遠くにはスカイツリーを眺めながらフランス料理にお酒を、そして「らく兵」さんの落語「親子酒」を楽しみました。

11/5(日)「北海道キタン会」


11月5日(日)12:00より「札幌ガーデンパレス・赤坂四川飯店」に8名が集い、「北海道キタン会」の懇親会が開催された。
野口晃弘研究科長が会計学の現代的課題について「ビッグデータ時代の会計基準」(日経新聞9月14日)と「資本会計における認識基準」をもとに紹介された。
次に、100周年記念事業検討委員会から参加の井尾俊宏氏(函館ラサール高・卒)から、記念事業の検討状況とロゴマークの募集についての説明が行われたの後、意見交換や近況報告などがなごやかに行われた。


10/21(土)名古屋大学ホームカミングデイ2017




10時よりキタン会理事会が、11時からグローバル人材育成プログラム海外研修報告会が行われた。12:10~の恒例の中庭昼食会は雨天のためやむなく第2講義室前の通路で開催し、約120名が参加、13:30から開催の橿原考古学研究所博物館・同友史会と共催の講演会「黒塚古墳のすべて」には約300名が参加しました。

7/1(土)なごやかライブ&フライブルグ大夏季留学生壮行会




午後6時より伏見のパブ「英吉利西屋」に36名が集い、なごやかライブが行われた。冒頭には、キタン会が支援して独・フライブルグ大に短期留学(9月に1か月間)する学生8名の壮行会も開かれました。その後は、鈴木学(H4)氏の率いるバンド演奏と美味しい料理にお酒とともににぎやかに歓談しました。

6/23(金)名古屋ビジネスセミナー「なぜ、企業不祥事は繰り返されるのか」を開催




キタン会と国際経済政策研究センター(ERRC)が共催する「第25回名古屋ビジネスセミナー」が、日経新聞名古屋支社を会場に開催され、寺澤朝子(H2)・中部大教授を講師に「なぜ、企業不祥事は繰り返されるのか」をテーマに、豊富な実例をもとに、その対対処法についてまで、興味深い講演を聞きました。100名を超す受講者からは活発な質疑が出されました。

6/10(土)H28年度定時社員総会、記念講演会、キタン学生交流会を開催

 

午前10時より、平成28年度の定時総会が、代議員88名、理事ほか役員も23名が出席して経済学研究科第1会議室で開催され、平成28年度事業報告、公益目的支出計画実施報告、決算報告」及び「平成29年度事業計画、予算案」を全会一致で承認しました。
11:30からは、第2講義室にて、山脇康(S45)日本パラリンピック委員会委員長 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会副会長に講演頂きました。臨場感あふれるPVに感動し、アスリートたちの常に限界に挑戦する姿に2020年に向けて着実に進んでいることを実感しました。



12:45からは、名大八雲会館にて恒例のキタン学生交流会が行われ、経ウェルのメンバーが焼くヤキソバを食しながら、OB、教員、学生が一堂に会して交流しました。

5/27(土)平田ゼミOB会「創造の会」第11回読書会・懇親会を開催

 

故平田清明先生の教え子の集まり「創造の会」が5月27日(土)東洋大学(東京、白山キャンパス)で開催された。今回も全国から20名が参加し盛会となった。  「読書会」は、「グローバル市民社会を考える」をテーマに、斉藤日出治さん(院S51)が「世界共和国へ」(柄谷行人著)を、浅野 清さん(S44)が「里山資本主義」(藻谷浩介著)等のレポートに続き、これに基づき皆で熱心に議論した。「懇親会」では久しぶりの再会に旧交をあたため、全員からの活発な発言や、笑い声の絶えない中、来年5月に名古屋での再会を約し、全員で「祝えこの日」の大合唱で閉会となった。

4/5(水)H29年度名古屋大学入学式
 



学部生2,181名(経=220名)、修士1,272名(経=47名)、博士342名(経=12名)の入学式が豊田講堂で催され、松尾清一・総長、豊田章一朗・全学同窓会長から祝辞が述べられました。

4/2(日)経済学部新入生ウェルカムパーティ
 



入学式の先立ち、2,3年生の実行委員会(伊藤大輔ほか19名)が主催してウエルカムパーティがルブラ王山で開催され、新入生も約200名が参加し、ゲームや抽選会で大いに盛り上がりました。新入生同士もあちこちで自己紹介や早速メールアドを交歓するなど新しい友人作りもでき、大学生活も順調なスタートになりそうでした

3/27(月)名古屋大学卒業式、謝恩会&キタン会入会歓迎会
 



H28年度の名古屋大学卒業式が豊田講堂で催され、学士2,172名(経=198名)、修士1,598名(経=32名)、博士244名(経=9名)に学位記が授与されました。夕刻にはメルパルクNAGOYAを会場に謝恩会&キタン会入会歓迎会が行われ、にぎやかに卒業を祝いました。



2/12(日)三河3支部合同懇親会
 



毎年恒例となった東三河・西三河・岡崎の3支部合同の懇親会がホテルアソシア豊橋にて開催された。3支部長のあいさつで始まり、続く記念講演は「棚:仕儀とをしない生産設備」と題して樋野励教授の講演を聴きました。懇親会では、野口研究科長からは100周年記念募金について、佐野教授からはグローバル人材育成プログラムや大学院社会人コースのお話などもあり、30名の参加者が支部と世代を越えてにぎやかに親睦を深め、あっという間の2時間となりました。解散後には若手だけ(?)の二次会も行われました。

1/21(土)関西キタン会新年講演会・懇親会
 



講演会は犬塚篤教授を招き「経営学との付き合い方」と題して、ビジネス書や集中と選択で敗れた企業などを実例に明快なお話を総勢32名の参加して聞きました。懇親会は、伊貝会長(S43)の挨拶に続き、宮本憲一先生(S28)の乾杯で開演。来賓の野口研究科長からご挨拶と名古屋大学特定基金のご案内、本部の山村常務理事(S44)から本部の近況報告、犬塚先生との質疑応答、参加メンバーのスピーチなどで盛り上がりました。余興として昨年実施した「2016年予想クイズ」の成績発表と表彰。さらに2017年版も全員で予想。次いで名高商校歌と名大学生歌「若き我等」を参加者全員で斉唱し、盛会のうちに閉会となりました。

1/14(土)キタン会新年祝賀会
 



ザサイプレスメルキュールホテル名古屋に、キタニアン・教員・学生ら約80名が参加して、盛大に開催された。第1部の講演会は「くすりの話、こころの話」をテーマに横井太(S45)アルフレッサ最高顧問と井上重信(S36)正雲寺責任役員のリレー講演を聞きました。第2部のニューイヤーパーティでは、鈴木武(S45)会長の挨拶でパーティが始まった。宴半ばでは、鈴木学(H4)氏によるバスフルート演奏と出版記念即売会や、伊左治出(H12)君によるユーモアたっぷりのマジックショー、さらに現役学生・院生・留学生らの自己紹介などもあり、内山文雄(S44)大垣キタン会長の一本締めでお開きとなりました。

   


キタン会100周年記念のHPがオープン


下記のバナーをクリックしてください。


100周年記念ロゴデザインを募集!


キタン会は100周年にふさわしいシンボルとしてのロゴマークのデザイン案を公募します!
優秀な作品は、いろいろな広告物や100周年記念グッズで使わせていただきます! どなたでも応募できます。奮ってご参加ください。
詳細は右をクリックし、「募集要項」を参照して下さい。

●賞:最優秀賞 1点 賞金3万円
優秀賞  若干名 副賞あり
●募集期間:平成29年11月1日~12月22日
●発表予定:平成30年3月 HP及びキタン新聞

●問合せ・提出先:E-mail:info@kitan100.com


2018年版名簿発行にご協力を


7月22日以降、皆様には「2018年版名簿発行のお知らせ」及び名簿データの確認のハガキが届いていることと思います。今回は、キタン会より(株)サラトに正式に業務を委託して、名高商創立以降の全卒業生を網羅する名簿を来年の4月発刊を目指しておりますので、ハガキの返信及び名簿の購入等に、ご理解とご協力のほどよろしくお願いします。

若手キタニアンの集い
第7回 キタンビジネス交流会


日時:11月28日(火)19:00~21:00

場所:今池ガスビル 7F 会議室(講演会)
8F ガス燈(懇親会)

講演「次世代を担う産業や人材の育成・・・」
〜ベンチャーによる4取組事例から〜」
1:アジアの活力を取り込む!
(ベトナム人トップエンジニア活用事例)
2:伝統ある産業に新たな風を吹き込む!
(酒蔵とのコラボ事例)
3:次世代を担う人材を育成する!
(名大と連携した人材育成)
4:自ら機会を創り出し、機会によって自らを変える!

講師:(株)フランジア・ジャパン
代表取締役 服部裕輔 氏



1998年、名大経済学部卒。(株)インテリジェンス入社。経営戦略本部長や海外事業担当の執行役員 兼中国現地法人代表を歴任。2013年3月、独立起業。コンサルティングとシステム開発を主力事業とする(株)フランジア・ジャパンを設立。現在はシンガポール、ベトナムなどに展開中。

会費:50代以上(男)=6,000円
50代未満と女性=4,500円
学生=1,500円

申込:①ガス燈へ電話(052-732-2944)
② facebook出席登録

キタン会は「ダイヤモンドファミリークラブ」の推薦団体です


三菱グループ直営の「ダイヤモンドファミリークラブ」にはキタンニアンとそのご家族なら、どなたでも入会できます。(詳細は下記のバナーをクリックしてください。)


 
事務局だより

キタン会事務局
〒464-8601
名古屋市千種区不老町 名古屋大学経済学部2F TEL:052-783-8900(代表)
FAX:052-783-8905
Eメール:
kitankai@crux.ocn.ne.jp

キタンクラブ
〒466-0823  
名古屋市昭和区八雲町21番2 名大八雲会館1F



  



このたび、外周道路を隔てた南の名大八雲会館1階に、新生「キタンクラブ」をオープンしました。66㎡の会議室は40名ほどが収容できます。立食パーティなどは70名も可能です。無線LAN設備やキッチンも供えられております。当面は無料としますので同期会・同好会などにぜひご利用ください。お問い合わせは、事務局、または「キタンクラブ」へ
。 

 

平成29年度会費納入のお願い

 

平成29年度年会費(=6,500円)を未納の方は、下記口座に振り込みのほど、よろしくお願いします。

【振込先】 一般社団法人キタン会

1.三菱東京UFJ銀行・名古屋営業部
普通口座「2129613」

2.十六銀行・名古屋支店
普通口座「0109409」 

3.郵便振替
名古屋 00850-3-2969
8
 


 

長尾伸一・著
『複数世界の思想史』
 

人間知性の歴史のなかで、宗教・形而上学から科学まで様々な形をとって展開してきた 「世界の複数性」 論 ——。本書は、天文学的複数性論を軸にその水脈をつぶさにたどり、宇宙に関する知的考察を方向づけてきたこの世界観=「巨大仮説」 の意義を初めて明らかにする。自己中心性に根ざす単一性論が促進してきた 「近代」 を問い直す圧倒的な力作。(名古屋大学出版会 ¥5,500+税)
 

清水克俊教授著 「国債危機と金融市場」




 

名大経済学部で金融論・担当の清水克俊教授・著「国債危機と金融市場」(日本経済新聞出版社 2,730円)が、出版されました。 累積する一方の国債残高、少ない方がよいのは確かだが、その実情は意外と知られていない。気鋭の金融学者が、国債危機の本質を正確に解説。金融市場へのインパクトなど多角的な視点から改革を提言する問題提起の書。いままで財政の観点のみから語られてきた国債問題を、金融・マクロ経済学の視点で解明する意欲的な解説です。
 
 

小堀聡准教授著
「日本のエネルギー革命」が
第54回「日経・経済図書文化賞」を受賞

 

名大経済学部で日本経済史・担当の小堀聡准教授・著「日本のエネルギー革命」(名古屋大学出版会 7,140円)が、第54回「日経・経済図書文化賞」を受賞し、その授賞式が経団連ビルで催されました。
「戦後経済史・環境史の理解に新たな扉を開く画期的成果」と、高く評価されました。
又、今回は同出版会から刊行された菅山真次(東北学院大教授)・著「『就社』社会の誕生」も受賞し、同出版会としてはW受賞の快挙となりました。
購入相談は、名古屋大学出版会(TEL:052-781-5027)へ。
HPは、

http://www.unp.or.jp/jusyo2011#004

 

90周年記念誌「響け!創統の鐘」
 

 皆さまから募集した約200篇の投稿を編集し、これに90年の歴史を写真で辿るグラビアと「キタン90年小史」を加えた、A4版全264ページの立派な記念誌が完成しました。

 

 
 
 
行事予定


・OCは、名古屋大学オープンカレッジ「自由奔放!サイエンス」 


9月の予定  

 

9/ 2
・OC「学校という無法地帯」
9/14
・キタン囲碁クラブ
9/29
・企業見学会「日本ガイシ」



 10月の予定  
10/8
・なごやか歌舞伎観劇会
10/12
・キタン囲碁クラブ
10/13
・東京キタン会ゴルフコンペ
10/14
・OC「学校という無法地帯」
10/21
・名古屋大学ホームカミングデイ
・第3回キタン会理事会
・キタン学生交流会



11月の予定
11/ 7
・関西キタン会ゴルフ会
11/ 9
・キタン囲碁クラブ
11/11
・東京キタン会東京湾クルーズ
11/18
・OC「ポピュリズムと憲法」
11/26
・三重キタン会ゴルフコンペ



12月の予定
12/ 2
・OC「『高校世界史』における西洋美術」
12/14
・キタン囲碁クラブ





支部便り 
 

7/15(土) 関西キタン会が総会・講演会と懇親会を開催



関西キタン会は総会・講演会・懇親会を中央電気倶楽部に34名が参加して開催。総会は、伊貝武臣会長(S43)の開会挨拶、会計報告・事業活動報告・予算案が満場一致で承認されました。講演会は、管理会計専門の坂口順也教授から「これからの原価計算」のテーマでJR貨物などの実例なども交え、研究・実務両面から、関西弁で面白く解説して頂きました。懇親会は、3階のレストランにて開催。来賓の鈴木武会長(S45)、野口晃弘学部長・研究科長、山村常務理事(S44)、100周年検討委員会からのスピーチなどで盛り上がり、最後は名高商校歌と名大学生歌「若き我等」を参加者全員で斉唱して散会しました。


6/24(土) 東京キタン会総会・講演会と懇親会を開催




東京一橋の学士会館で開催された。H17年まで18年間東京キタン会会長を努められた故赤塚昭二(S23)氏に黙祷をささげた後、濱沖会長(S47)を議長に28年度事業報告、決算案、H29年度の事業計画・予算案の承認、役員の選任について原案通り承認された。次に野口経済学研究科長生から「ビッグデーター時代の会計」と題して会計の現代と未来を語って頂き、質疑応答も活発に行われた。本部の長谷川博樹(S48)副会長によるキタン会100周年事業の説明が行われた後、本部山村事務局長(S44)の乾杯の音頭により懇親会に入った。宴半ばでは近況報告ということで外木直樹(H24)氏ほか若会員や、ガラス工芸の郡和子(S51)氏にもお話し頂き、伊籐副会長(S47)の一本締めで散会した。次回行事は11月11日(土)東京湾クルーズを予定。


>>その他の記事はこちら

 

  • 北海道
  • 東京
  • 静岡
  • 浜松
  • 北陸
  • 名古屋
  • 一宮
  • 岡崎
  • 東三河
  • 西三河
  • 大垣
  • 三重
  • 関西 
  • 広島
 
 

学園広場

7/19(水) (株)マキタ・岡崎工場の見学会




23名が参加して電動工具のトップメーカーであるマキタの最新鋭工場を見学しました。最初に入ったモーターの生産ラインは驚くほど自動化が進んでおり、人影はまばらでした。しかし最後の組立ラインでは相当数の人が生産と製品検査に携わっていました。また、スクリュードライバーの操作も体験し、最後はOBとの懇親会もあり、有意義な見学会となりました。次回の企業見学会は、9月29日に日本ガイシを予定。

7/6(木) ベトナム外国貿易大学から、学生15名を迎えて日本文化セッション




7月3日~16日ハノイ外国貿易大学の教員1名と学生15名を迎え、経済学部生と工場見学、グループディスカッションや交流会等を実施しました。7月6日(木)は会員の奥様の指導で華道を、書道サークル「和」の指導で書道の体験を実施しました。11月には名大経済学部から30名弱がベトナムを訪問します。

   
詳細はこちら・・・

 

学術支援

今年度もオープンカレッジ「自由奔放!サイエンス」を開講


キタン会が後援して毎年好評の「オープンカレッジ」が今年も下記の日程で行われます。
全て土曜日の 10:00~12:00



4/10(水) 平成25年度キタン研究員認証式


キタン会は、大学支援事業の一環として、永年にわたり「キタン研究員」制度を設けて若手研究者の育成支援を行なっています。
今年も4名(写真左から、松波京子、高久賢也、呂鑫(ろしん)、山田恵里)が選ばれ、4月10日(水)に認証式が催され、鈴木会長からそれぞれに採用通知書が手渡されました。
今後の皆さんの大いなる活躍が期待されます。
 
  >>詳細はこちら 

 

 

同期会

同好会

キタン俳句会
ゴルフ会
・名古屋
・東京
・大阪
・三重
・関西
囲碁会
・名古屋
・東京
ジャズクラブ
・名古屋
 

学部ゼミ

  • 金井ゼミ

サークル

  • AIESEC名大委

賛助企業

  • 大成建設